爪にできる水虫

水虫というと、痒いとかうつるとかガサガサというイメージがあります。最近よく聞くのは、爪水虫という種類の水虫です。爪水虫の症状は、素人でも見ればすぐに分かります。普通の水虫と同じで、白癬菌(はくせんきん)という菌に感染していて、爪が白い、変形している、爪がぶ厚い、ボロボロになっているといった症状があります。爪水虫は、基本的には、痒みや傷みなどを感じる事はありません。かなり進行してくると傷みが生じる場合があります。ですから、毎日よく自分の爪を観察していないと、気付くのが遅れる事があります。毎日自分の爪をチェックしたり、靴を履いたりしたときに痛みを感じるようであれば、爪水虫かもしれません。普通の水虫よりも治療に時間がかかるので、早めの対応が必要です。

爪水虫は、放っておいても決して治る事はありません。放っておくと酷くなり、シロアリが家の木材を食い尽くしていくような状態になってしまい、薬が効き難くなります。必ず皮膚科へ行って、医師の指導を受け、治療をしてください。治療には主に飲み薬を使います。市販薬はなく、病院で処方してもらうことになりますが、ラミシールやイトラコナゾール、テルビナフィンなどの薬があります。早くて6ヶ月くらいから効果が出るので、根気のいる治療です。感染力は、強くはないですが、決して弱くもありません。家族と一緒に暮らしている人は、バスマットやスリッパ、タオルなどの共有は避けてください。周囲の人への感染、影響を考えても早めの治療が大切です。